美顔器の使い方

レーザー美顔器の使い方

今回は、レーザー美顔器の使い方と使いこなすコツについて紹介したいと思います。

 

そもそも、レーザー美顔器は、シミや黒ずみ解消に効果があり、
お肌の美白に特化している美顔器として有名ですね。
実際、レーザー美顔器を使って色が白くなっている方もいらっしゃいます。

 

レーザー美顔器は、携帯用ではなく、据え置きタイプが多いため、
なんか操作が難しいイメージもあったりします。

 

ですが、基本的な使い方は非常に簡単です。
通常の美顔器と同じようにシンプルな操作設計になっています。

 

要するに、

 

消したい黒ずみにレーザーを照射する

 

ということです。
たったこれだけなんですね。

 

黒ずみを消したいときにおすすめのレーザー美顔器

 

 

レーザーの照射角度を適正にして使用する

ただし実際の使用では注意する点があります。
それは、レーザーの向き、角度をちょっと気をつけることです。

 

実は、この注意点がレーザー美顔器を使いこなすコツポイントにもなってきます。
レーザー美顔器を上手に使うためには、照射する角度に気をつけることなんですね。

 

レーザー美顔器は、まさに、レーザーの当たり加減が大切です。

 

では、どうやってレーザーの角度が適正なのか、適正ではないのかが分かるのでしょうか。
それは、実際にレーザーが当たっているときの「肌の感触」で確認すればOKです。

 

どういうことなのでしょうか。
これは、要するに、「レーザーが当たっていれば、お肌に何かを感じる」ということなんです。

 

反対に、レーザーが当たっているのに何も感じない場合は、
実際はレーザーが効いていないということです。
実質的にレーザー美顔器の効果が出ていないということです。

 

レーザーが、明らかにお肌へ当たっているのにもかかわらず、何も感じない場合は、
角度を修正するだけでOKになります。
レーザー角度を変えると、お肌に感じる感覚も変わってきます。

 

ですからレーザー美顔器では、照射角度に注意して使うことが大切です。

 

ちなみに、ちょっとした痛みを感じている程度なら、「シミ対策」に効果があります。

 

薄いシミを消すときは継続して照射する

レーザー美顔器は、シミ、黒ずみ、くすみを消すことへの期待が高い美顔器ですよね。
ですが、これらの中で、「薄いシミ」改善の場合は、ちょっと神経を使います。

 

といいますのは、同じシミでも、「濃いシミ」は、レーザー美顔器で解消できます。
ですが、「薄いシミ」の場合、簡単に解消することができなかったりします。

 

実は、薄いシミはエステでもちょっと面倒な作業になってきます。
ですので、家庭用美顔器であっても、これは同じだったりします。

 

「薄いシミ」を解消する場合は、「時間をかける」ように処置していきます。
腰を据えて長期戦で取り組むのが改善への近道だったりします。
「急がば回れ」の格言通りですね。

 

薄いシミをレーザー美顔器で改善しようと思ったなら、
長時間、連続して照射する方法は効果がありません。
効果がないどころか、お肌にダメージを与えることがあります。

 

やはり連続使用は、お肌にはよくありません。
シミがなかなか消えないと、つい焦ってしまって、長時間使ってしまうこともでてきます。
ですが、焦ってレーザー美顔器を使い続けても、効果はありません。

 

薄いシミを改善する場合は、「毎日一定の時間を継続して照射する」のがコツです。
継続して照射すれば確実に薄いシミも見えなくなります。

 

時間はかかりますが、薄いシミの場合は、焦らずにじっくりと取り組みましょう。
継続は力なりですね。
あきらめずに、レーザー美顔器を使い続けてみてください。

 

シミ解消にこちらのレーザー美顔器

 

 

家庭用レーザー美顔器は安全設計

ところで、家庭用レーザー美顔器が普及しているといいましても、
プロが使っているレーザー美顔器と比べると性能が劣っている感は否めません。
これは当然といえば当然かもしれませね。

 

家庭用レーザー美顔器は、安全性を優先して作られています。
万一のことも想定し、あらゆる使い方を踏まえて、それでも事故が起きないように設計もされています。
ですから、プロが使用するレーザー美顔器と違って、性能が劣っています。
ですが、安全性は優先された設計がされていますので、お肌への心配はほとんど無く使用することはできます。

 

結局、家庭用のレーザー美顔器は、安全性を優先しているということですね。
レーザーの出力も弱められています。

 

レーザーを使っている訳ですから、ご家庭で使い方を誤れば大変なことになりますので
当然といえば当然ですね。とはいっても、美顔器としての効果は確かにあります。

 

サングラス着用のおすすめ

家庭用レーザー美顔器は、出力を下げてはいますが、
それでもレーザー光線を目に直接受けるのは感心しません。

 

そこでできれば用意して欲しいのがサングラスです。
照射しているレーザーを直接見ると目に悪影響です。
レーザーは絶対に見てはいけないものとされています。

 

レーザー光を見なければ問題はありませんが、レーザー美顔器を使用する際は、
念のためサングラスを用意して着用されるのがおすすめです。
サングラスをしていれば、万全ですね。

 

レーザー美顔器の使い方は、本当に簡単です。
シミ、黒ずみ、くすみ解消には期待できますので、
これらのお肌のことでお悩みの方は、
自宅で解消できる美顔器としてお使いいただけると良いかと思います。

 

レーザー美顔器としておすすめがこちら

トリア・スキンエイジングケアレーザー
【レーザー美顔器】ビューティーレーザー